働く女性の不調ランキングTOP14 ダイエットよりも気になること

(記事公開2016年11月,最終更新2017年7月)
夏は一年の中で最も「疲労回復ニーズ」が高まる時期だが、働く女性にとって「疲労回復」は季節関係なく最大の関心事だ。大塚製薬の調査で、働く女性が感じる不調の第1位は「疲れがとれない」であることがわかった。大塚製薬調べ「間食調査」2015

画像引用元:大塚製薬

画像:大塚製薬

  • 疲れやすい・疲れがなかなかとれない 49.6%
  • 体重が増えるとなかなか戻らない 42.0%
  • 年々太ってきている 30.0%
  • ちょっとしたことでイライラしがち 26.3%
  • 健康診断の結果で要注意や要観察の項目がある 26.0%
  • 免疫力が落ちているような気がする 21.1%
  • 便秘がち 20.6%
  • 肌荒れが気になる 18.2%
  • 胃腸の調子が悪い 17.8%
  • 夜、眠れないことがある 17.8%
  • 風邪をひきやすい 12.3%
  • 血圧が気になる 10.7%
  • 気になることはない 9.4%
  • 血糖値が気になる 3.5%

男性よりも「疲労回復ニーズ」が高い女性

快眠や疲労回復関連の商品・サービスへのニーズは男女ともに年々高まっている。特に、PMS(月経前症候群)や更年期症状など性差による不調に悩まされることが多い女性は、「不調を悪化させたくない」という気持ちから、男性よりも「日々の疲れをためなようにきちんとケアしたい」ニーズが高い。

また、メイク、スキンケア、家事、育児など女性は男性と比較してタスクが多く、常に時間と闘いながらあらゆることをこなさなくてはいけないことも、「疲れを溜めたくない」と考える女性が多い理由だ。疲れていては、すべてのタスクをこなすことはできないのだから。

女性と言えば「ダイエットのことをいつも気にしている」というイメージがあるが、働く女性にとって最大の健康テーマは「疲労ケア」だ。

【編集部おすすめ記事】
■30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
■【セルフメディケーション vol.2】仕事の疲労蓄積度合い
■働く女性の不調解消法「お金をかけない」ばかりがランクイン?
■働く女性マーケティングの参考になるデータが豊富!〜地域で異なる女性の意識〜
■女性向け夏バテ対策の商機は「食に関連した時短ニーズ」
■9割のお母さんが疲労状態「母の日に欲しい疲労解消グッズは?」
■クイズ「更年期5大症状は?」&「最も対策が重要なのはどれ?」
■男性に指摘されたら恥ずかしい老化現象TOP4から考える美容戦略
■30代~70代女性に人気の健康食品の原料・成分ランキングTOP5

一緒に読まれている記事