消費者志向の分散化でメガヒットが生まれにくい…対策ヒントまとめ

消費者志向の分散化でメガヒットが生まれにくくなっている。その対策ヒントになる記事をまとめた。

消費者志向の分散化はなぜ起きているのか

消費者志向の分散化の理由は様々あるが、大きく影響している要因の一つは女性の社会進出により、女性のライフコースが多様化したことだ。女性のライフコースの多様化が価値観の違い・多様化を生み、価値観の違いが消費行動の違い・複雑化をもたらす(ライフコースが異なることでなぜ女性の価値観が異なるのか?詳細は以下の記事を参考にして頂きたい)。

<関連記事>
女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方

100人の女性がいれば100人の女性それぞれが、それぞれの生き方をしていて、彼女たちは全く異なる価値観を持ち、買い物をしているー。これが今の女性像の特徴だ。

以前のようなマスマーケティングが通用しづらくなっているのはそのためだ。企業にとっては、メガヒットを生み出しづらい市場になったのだ(他にも「日常で楽しめるモノ・コトが昔に比べて増えた」「テレビ離れ」「SNSにより個々が意見や考えを述べやすくなった」ことも消費者志向の分散化を促進させたことに関係している)。

対策ヒントまとめ まずは多様な価値観を持つ女性を理解する

マスマーケティング全盛期の頃は、女性のライフコースも今ほど多様化・複雑化してなかったこともあり、一律同じマーケティング手法で大きなリターンを得ることができるという、ある意味では簡単な時代でもあった。マスマーケティングでは結果を出しづらくなっている現代では、時代に合わせたマーケティング戦略の変化が重要になってきている。

消費者志向の分散化の対策として、まずは様々な価値観を持つ女性がいることを理解したい。以下に、多様なタイプ女性に関する記事をまとめたので、各記事からヒットさせるヒントを探ってみてほしい。ビッグヒットを狙うよりも、スモールヒットをいくつも重ねる戦略の方が今の時代にはあっている。

エコ志向が強い女性が好みやすい動画

【動画】ちふれのCM、他社化粧品ブランドとの差別化が明確

20代中心に広がる「エシカル消費を好む女性」

エシカル消費志向が最も高いのは20~40代のうち、どの世代?

幸せ・充実を非日常ではなく、日々に求める女性 今後のボリューム層

「幸せ・充実」を非日常には求めない女性生活者が増加中

日本文化や日本独特の美に惹かれる女性

今、女性の心を掴む仕掛けは「日本らしさ」 各社の成功事例

節約したいだけじゃない。捨てるのは勿体ないから誰かに使ってほしい

売って買う・買って売る消費者増加 企業の競合は「消費者」へ 

人生の後半期はネガティブなライフイベントが増えてくる…中高年女性の恐れ

中年世代のニーズ 何に恐れを感じる?

「アンチエイジング=すべての女性の願い」は、企業の勝手な思い込み?

「アンチエイジング」嫌う女性たち 次の共通語は?

今のシニアは見た目も中身も若い!「企業は高齢者扱い」に気を付けるべし

シニア女性の6割「敬老の日は自分は対象ではない」と回答