消費者のオンラインショッピング利用動向調査2017

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル(東京都・港区)は、オンラインショッピングサイトの利用動向について発表した。概要は次の通り。

  • 耐久財は実店舗よりオンラインで購入する頻度が高い人が多い
  • 消費財も耐久財も、オンラインで定期的に購入する人は「安く購入できる」ことにメリットを感じている
  • オンラインショッピングの配送では、“速さ”よりも”無料”であることが重視される
    (引用:ニールセンデジタル株式会社)

消費財と耐久財、それぞれオンラインショッピングで定期的に購入している理由や、配送に対する意識などを掲載。⇒レポート「消費者のオンラインショッピングの利用動向調査ニールセン・オンラインショッピングレポート 2017)」(ニールセン デジタル株式会社)

【編集部おすすめ記事】

「買い物客が店員に求めることは?」自分の方が店員より知識ある 半数が回答
消費動向に影響を与える「女性の未婚率」の現状を理解しよう
健康に関する情報収集、信頼できるもの・できないものは?
【ライフコースを理解する】DEWKsとDINKsで異なる消費スタイル
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事