膝の黒ずみ対策、女性が実践する対策事例と口コミの傾向(1/3)

色白ブームは以前と比較して落ち着いてきてはいるものの、それでも“黒ずみケア”は女性にとって大切なスキンケアの一つ。ひざ丈のスカートや半袖のトップスで見えてしまう膝や肘といったパーツは、普段から刺激を受けやすい場所でもあり黒ずみが気になる箇所。自由にオシャレを楽しむためにも日頃からのケアが欠かせない。毎日の予防からスキンケアまで、膝の黒ずみを解消するための、女性たちが行っている対策方法、商品・サービス事例を調査してみた。

膝・肘の黒ずみが気になる女性は3割、生活習慣が原因

黒ずみを作る原因は、普段の生活習慣やクセによるものが大きい。そのため、日常動作を見直すことが黒ずみ対策につながる。

体の中で気になる黒ずみは「膝」「肘」が3割

マイナビウーマンが実施した調査によると、女性たちにとって黒ずみが気になるパーツは膝・肘が3割。この2つは服装によっては人目にも付きやすい箇所で、ケアのニーズが高い。

膝・肘の黒ずみの原因

黒ずみの原因は“色素沈着”。色素沈着とは、メラニン色素が過剰に形成され皮膚に残ったままになってしまう状態のこと。本来紫外線から肌を守るメラニン色素は、ターンオーバーによって排泄される。しかしこのメカニズムがうまくいかないと黒色のメラニン色素が皮膚に沈着、黒ずみを引き起こす原因となる。メラニン色素が形成されるきっかけは、紫外線や乾燥、皮膚への圧迫、衣類との摩擦とさまざま。日常動作で床やテーブルにつくことが多いと、外部からの刺激によって、思わぬ色素沈着=黒ずみが引き起こされてしまう。

<膝が黒ずむ生活習慣>

  • ひざ立ちをすることが多い
  • 膝をついて床掃除やガーデニングをすることが多い
  • 膝をつくスポーツをしている(バレーボール)
  • 職業によっては、黒ずみの原因を作る動作が必要とされる(例:保育士。小さい子どもと目線を合わせるために膝立ちすることが多い。実際にネット上の掲示板では保育士からの相談も多く、膝の黒ずみは保育士のあるある悩みである。)
  • マット無しで膝をつく姿勢のままヨガや運動をする
  • 膝の上で足を組む
  • 膝がこすれるスキニージーンズを履く
  • 入浴時にタオルで体をゴシゴシとこすって洗う

<肘が黒ずむ生活習慣>

  • 頬杖をつくなど、よくテーブルに肘をついてしまう
  • うつ伏せ状態で肘をついてスマホや読書をする
  • アクリル/ナイロンといった摩擦の強い合繊繊維の服を着る

女性生活者の調査レポート