女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

「女性に多い自己免疫疾患」がもたらすヘアロス

6月4日(木)にテレビ放映された「直撃!シンソウ坂上(フジテレビ)」で取り上げられたのは、全身脱毛症を突如発症し、現在ほぼすべての頭髪が抜け落ちてしまった現役アイドルのピッピさん。ピッピさんの番組を見た女性たちからは「自分も現在、同じ症状でつらい」「ぴっぴさんを見て勇気づけられた」といった声があがっている。

全身脱毛症とは

全身脱毛症とは、頭髪、眉毛、まつげ、手足の産毛など全身の毛が抜けてしまう脱毛症のこと。そして脱毛症の原因と言われているのが、特に女性に多い「自己免疫疾患(※)」。(※)体内に入ってきた異物を認識・排除する役割を持つ免疫系が、過度のストレスなど何らかの原因により、自身の細胞や組織を異物と認識して攻撃することで症状を起こす疾患の総称のこと(出典:製薬業界の転職支援アンサーズ)

毛髪専門企業のアデランス(東京・新宿)は、自己免疫疾患による脱毛6種について次のように解説している。

  • 単発型
    突然、頭髪の一部が円形または楕円(だえん)形に脱毛するタイプ。この脱毛した部分を脱毛斑と呼びます。頭髪だけでなく、眉毛や体毛に症状が出ることもあります。また、単発型から多発型に移行する場合も……。
  • 多発型
    突然、頭髪の一部が円形または楕円(だえん)形に脱毛するタイプ。この脱毛した部分を脱毛斑と呼びます。頭髪だけでなく、眉毛や体毛に症状が出ることもあります。また、単発型から多発型に移行する場合もあります。
  • 蛇行型
    後頭部から側頭部の生え際が帯状に脱毛するタイプ。治療期間が複数年に渡ることも珍しくない脱毛症です。
  • 全頭型
    頭部だけでなく、全身の毛髪が脱落してしまうタイプ。最終的には頭髪すべてが抜け落ちてしまいます。治療が長期に渡るため、ウィッグを着用しながら治療する人も多いようです。
  • 凡発(はんばつ)
    全頭型がさらに進行し、眉毛やまつ毛、体毛なども抜けおちてしまうタイプ。自己免疫疾患の脱毛症としては最も重度といわれ、こちらも治療が長期化します。
  • 逆蛇行型
    まさに「蛇行型」の逆で頭頂部が脱毛して、生え際の毛髪が残る脱毛症。極めてまれな脱毛タイプです。
    引用:脱毛症の原因となる「自己免疫疾患」という病気とは

全身脱毛症と闘う女性たち

全身脱毛症を患っているピッピさんが、毛髪がない頭部を隠すことなく前向きにインタビューに応じる姿が放映されると、Twitterに女性たちから共感の声や感謝の声が投稿された。

ヘアロスの女性のためのメディカルウィッグ

ピッピさんは自身のブログで次のように投稿している。

全身脱毛症はこうして毛がどんどんなくなっていく原因不明の症状、だけどそれ以外はふつうの女の子となにも変わりないんです、ということを、視聴者のみなさんにわかってもらいたくて、この取材を受けました!(略)
ただこういう症状もあるということ知ってもらいたかったんです。(略)
そして私の生きる希望となったカラフルなウィッグのおかげ!逆に地毛の頃よりお洒落が楽しくなったからです
引用:pippiオフィシャルブログ「シンソウ坂上とおしらせ」

全身脱毛症を発症した女性、薬の副作用で毛髪が大量に抜け落ちてしまった女性、ストレスや加齢に伴い薄毛が進行している女性など、ヘアロスに悩む女性の気持ちを救うのがウィッグだ。

資生堂グループの資生堂美容室(東京・港)は、今月20日(土)から「メディカルウィッグ」を発売する。近年、がん治療の副作用やストレスなどでヘアロスに悩む女性たちからヘアウィッグの要望が増えてきたことに対応する。

メディカルウィッグ

出典:資生堂

同社によると、ウィッグを活用したヘアスタイル提案を受けた女性客から「気持ちも明るくなり生き方も前向きになった」という言葉をもらったり、がんサバイバーがみるみる明るい笑顔を見せるようになった姿をこれまでに多く目にしてきたという。

 

 

【編集部おすすめ記事】
女性の美容悩み 年代別まとめ(20〜80代)
女性に多い牽引性脱毛症
加齢とともに増加 年代別「1カ月あたりの健康への投資額」
ヘアケアもコスメもヴィーガンに
ドクターズコスメの市場拡大 女性に人気の理由は?商品事例と口コミ 
派手髪の需要増 背景にはダイバーシティ社会の広がり

女性生活者の調査レポート