多くの女性が知っているのに、実は「効能理解していない」多数

アーモンドミルク協会による調査で、ビタミンEの効能について正しく理解している女性は3割以下であることがわかった。聞き慣れているはずのビタミンなのに、7割もの女性が「効能を理解していない」と回答したのは意外な結果だ。(アーモンド協会調べ「カラダと肌の不調」,2017,対象20〜50代女性300人)

例えば、ビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸など美肌作りに関係する定番の成分は、化粧品やサプリメント、メディアなどを通じて「肌に良い」ことを知っている女性は多いが、実は「何となく知っている」だけで、具体的に「何にどう良いのか?」「どんな時におすすめの成分なのか?」まできちんと理解されている成分や栄養素は意外と少ないのかもしれない。

この調査はビタミンEに限定しているが、それ以外にも、「知名度は高いのに効能についてはあまり理解されていない」成分や栄養素はあるはずだ。知名度に関係なく、改めて適切な情報発信を心がけたい。ちなみにビタミンEが持つ効能は、抗酸化、生活習慣病予防、血行改善、冷え性軽減など。読者の皆さんは、すぐに答えられただろうか?

<合わせて読みたい記事>
男女で異なる栄養リテラシー【男女の違いを理解しようvol.5】

【編集部おすすめ記事】
女性ニーズ高いレトルト食品 必要な配慮は「栄養バランス、添加物減らす」
【最新】平成27年版 国民・健康栄養調査の全結果発表
【厚労省】幼乳児の栄養・食事に関する困りごと
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事