メイクで負担かかるのにケアしていないパーツ

ドクターシーラボによるまつ毛に関する調査で、まつ毛をケアしていない女性が9割にのぼることがわかった。まつ毛メイクは女性にとって欠かせないパーツだが、まつ毛をケアする習慣は定着していないようだ。

まつ毛は、アイテム・工程数が多い

まつ毛エクステ、まつ毛パーマ、つけまつ毛、ホットビューラー、マスカラ下地、マスカラなど、今の女性たちは様々なアイテムと方法を駆使してまつ毛メイクを試みる。特にまつ毛が直毛でボリュームが少ない日本人にとって、カールやボリューム維持の工程は欠かせない。小さなパーツだがまつ毛メイクのためのアイテム数や工程数は多い。

まつ毛のデイリーケアは広く浸透していないが、ニーズあり

調査結果を見てもわかるように、メイクによるまつ毛への負担を感じている人は多いが、まつ毛を日々ケアする習慣に関してはまだ広く浸透していないようだ。「まつ毛のボリュームが少ない」「短い」「抜けやすい」などまつ毛悩みを持つ女性は多く、また、まつ毛美容液も以前から販売されているので「まつ毛をケアしている人は少なくないのでは?」という印象があるが、肌や髪の毛などのように目立つパーツではないため、日々まつ毛をケアするモチベーションが保たれないのかもしれない。

しかしまつ毛の負担を感じている人が圧倒的に多いことを考えると、メイクで一時的にボリュームアップや長さを出すよりも、根本的にまつ毛を強く・長く・多くしたいニーズは確実にあると言える。

 

【編集部おすすめ記事】
眉メイク対策に商機!悩みつつも対策しない女性7割
40代女性の心を捉えたのはどれ? コスメ大賞 例年と異なる傾向
100円で満足する女性が増加中 「100円で十分!」と思われている商品例
時短コスメブランドが爆発的ヒット!発想もデザインもカワイイ!
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート