シニアの生涯学習 健康関連の項目が上位に

比較的時間に余裕のあるシニア世代は、人・地域との交流や健康維持など、人生の充実を目的に生涯学習に取組んでいる人たちが多い。平成29年版高齢社会白書(内閣府)によると、生涯学習をしたことがある人は60代で47.3%、70歳以上で46.8%と、半数近くの人が生涯学習に関心を示していることがわかる。では、具体的にどのような生涯学習に取組んでいるのだろうか?

60代が行っている生涯学習

  1. 趣味的なもの(24.6%)
  2. 健康・スポーツ(23.7%)
  3. ボランティア活動のために必要な知識・技術(12.6%)
  4. 教養的なもの(10.2%)
  5. 家庭生活に役立つ技能(9.3%)
  6. 職業において必要な知識・技能(6.3%)
  7. 社会問題に関するもの(5.1%)
  8. 自然体験や生活体験などの体験活動(4.2%)
  9. 育児・教育(3.0%)
  10. 情報通信分野の知識・技能(1.8%)
  11. 就職や転職のために必要な知識・技術(0.9%)

70歳以上が行っている生涯学習

  1. 趣味的なもの(24.9%)
  2. 健康・スポーツ(20.3%)
  3. 教養的なもの(10.8%)
  4. 社会問題に関するもの(8.0%)
  5. 家庭生活に役立つ技能(7.5%)
  6. ボランティア活動のために必要な知識・技術(6.7%)
  7. 職業において必要な知識・技能(2.8%)
  8. 自然体験や生活体験などの体験活動(2.6%)
  9. 情報通信分野の知識・技能、育児・教育(1.8%)
  10. 就職や転職のために必要な知識・技術(1.3%)


【編集部おすすめ記事】

シニアが参加したいと思う団体と実際の参加状況
何歳以上をシニアと思うか?5年前比較で2歳上昇
シニア層「貯蓄の目的」 財布の紐は緩くない?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート