女性クラスター
女性市場トレンドと消費傾向

コロナ対応の中心に据えるべきは「メンタルヘルス」 WHO呼びかけ

コロナ不安で心の悩みが急増している。(一社)全国心理業連合会によると、日本国内の場合、具体的な心の悩みは1番多いのが「ウィルスに感染への恐怖・不安」で、2番目に多いのが「収入に関すること」。

ネット上の女性たちの声を観察すると、もともと鬱症状があったもののコロナになって症状が悪化して薬を飲む量が増えた女性や、精神的にまいってしまって仕事を休む女性などの声を多数見かける。しかし、懸念事項はメンタルヘルスの悪化だけではない。経済状況を苦に自殺者が増えるのではという懸念も。

メンタルヘルスのケアも命を守ることにつながることから、WHOは世界各国に対し、コロナ対応の中心に「メンタルヘルス」を据えるよう呼びかけた。

日本が推奨するメンタルヘルスについては以下の記事をチェック。

 

【編集部おすすめ記事】
実はさほど増えていない?コロナ禍での運動実践者
コロナ禍で需要低下の「プチギフト」 巻き返しの鍵はヘルスケア
コロナ禍 健常者が気づかない、視覚・聴覚障がい者らの不安・不便
うつ病の男女比・年代別患者数・女性に多い理由
“withコロナ時代” の女性の日常 家ナカの行動・ニーズ・価値観はどう変化した?

女性生活者の調査レポート