大手企業続々と参加 「Let’s!和ごはんプロジェクト」始動 

農林水産省は6月下旬、官民協働の「Let’s!和ごはんプロジェクト」を開始した。味覚が形成される子どものうちに身近・手軽に健康的な「和ごはん」を食べる機会を増やすことで、和食文化の保護・継承につなげていくことが目的。現在参加しているプロジェクトメンバーは、イトーヨーカ堂、イオン、クックパッド、江崎グリコ、ぐるなび、光文社、東急ストアなど食品メーカーや小売りを中心に45社11団体(2018.8.7時点)。

ダイエーいちかわコルトンプラザ店では7月7日より、栄養士によるだしの取り方の実演、試飲や子ども達が自由に食材を盛り付ける「七夕そうめん作り」が体験できる親子食育講座を開催。店内では「和ごはん」関連の商品コーナーを展開している。クックパッドはサイト内のニュース欄で、プロジェクトの概要と合わせて和ごはんレシピを紹介している(「ヘルシーで手軽!和食ならぬ『和ごはん』とは?)。

7月23日に募集が始まった「フード・アクション・ニッポン アワード2018」では、「Let’s!和ごはんプロジェクトの趣旨に沿った産品を特別賞として選定する。

【編集部おすすめ記事】

11月24日は全国の小学校で給食が和食に 今年は6000校参加見込み
「平成29年度食育白書」公表 農林水産省
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ