退職前後世代の介護・資産形成に対する意識調査

三菱UFJフィナンシャル・グループは、50歳以上の男女を対象に「老後の生活に関する意識調査(介護/資産承継)」を行った。

「介護に対する認識」に関する調査では、介護に対する不安が男女間で明らかな差があることがわかった。介護を担うのは一般的に女性であることから、女性の方が「介護に対する不安」を現実的に捉えているからだろう。女性の方が不安に感じている割合が高かった。他、「介護や資産について家族と相談している人の比率は高くはない」「実際にタイミングにならないと、介護や資産承継について考え始めない傾向がある」などがわかった。

同社公表のレポートでは「介護になった場合の不安の内容」「介護経験者・介護未経験者による認識の違い」「介護への備え」「ひと月あたりの介護費用の想定」なども掲載。⇒【詳細】退職前後世代の老後の生活に関する意識調査~介護・資産承継に対する認識について(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

 

【編集部おすすめ記事】
ダブルケアの介護に疲弊する女性たち ケアラーの平均年齢は39歳 
科学的介護とは?2020年の実現に向けた官民の取り組み 
広がる介護予防体操、目的・効果・事例
介護予防の取り組み事例と運用の課題 
広がる介護美容 シニア女性のQOL向上に

新着ニュース