女性消費者の「買いたくなる気持ち」をつくる今時キーワード

女性消費者の「買いたくなる気持ち」を引き出す見せ方やキーワードは、時代に伴う価値観の変化によって変わっていく。今、女性たちを惹きつけるキーワードとは?

時代とともに変遷  女性を惹きつけるトレンドキーワード

痩せ至上主義が全盛期だった頃は「〜日で〜kg痩せる!」など”数字の見せ方”がマーケティングで重視され、色黒から美白へとブームが移ってからは”美白成分”が重視され、働く女性の増加とともに近年は商品力の一つに”時短性”が求められるようになり、時短を前面に押し出す企業が増えた。そして今、女性たちの「買いたくなる気持ち」「行動したくなる気持ち」をつくるもう一つのキーワードが「ヘルシー」だ。

意味も使われ方も様々「ヘルシー」

世界的な健康ブームで、今や「ヘルシー」はすっかりトレンドキーワードとして定着しているが、意味合いは実に様々。健康的な食事やライフスタイルを「ヘルシー」と呼ぶのはもちろん、痩せすぎず適度に筋肉が引き締まったスタイルの女性を「元気で健康的に見えるね!」という意味を込め「ヘルシー」とも呼ぶし、トレンドのツヤ肌メイクがマッチしている顔を「ヘルシー顔」と呼ぶ。

さらにはファッションにも及び、ガーリーやフェミニン系など「いかにも女子」というファッションに対し、ラフでシンプルで健康的に見える着こなしを「ヘルシーファッション」と呼ぶ。背中やデコルテ部分があいている肌見せファッションもヘルシーファッションだ。このように並べてみるとわかるが、今「ヘルシー」という言葉は、「美人だね!」「オシャレだね!」「こなれているね!」という褒め言葉でもあるのだ。

「ヘルシー」がオシャレやこなれ感を象徴する言葉にまで幅を広げている背景にはインスタ映えも関係している。「ヘルシー」の元来の意味とも言える健康的でバランスの良い食事というのはカラフルな野菜や果物で彩られており、インスタ映えとしては文句なしだ。また、運動をするときにインスタ映えを意識してオシャレなスポーツウェアを着る人が増えたことも、ヘルシーがいつの間にかオシャレを意味するようになった所以と言える。

<合わせて読みたい記事>
アスレジャー大流行中!「オシャレ×ヘルシー感」は2つで1つ!

今時の女性たちがなりたい女性像

この時代の流れをよくつかんでいるのは女性誌だ。最近は多くの女性誌が「ヘルシー」というキーワードを使っているが、30〜40代向けファッション誌のドマーニ 3月号p.31 (小学館)で特にわかりやすい表現をしていたのでご紹介。「なりたいのは、ヘルシーできれいな女」と、今の女性たちがなりたい姿を的確に表現している。

Domani 2018年 03 月号 

何でもかんでも「ヘルシー」とつければ良いというわけではなく、ターゲットや商品との相性は考慮すべきだが、特に20〜40代のオシャレや美容・健康の感度が高い女性に向けてヘルスケア商品・サービスを訴求するなら、「ヘルシー」は今がまさにぴったりの言葉だ。

【編集部おすすめ記事】
アスレジャー大流行中!「オシャレ×ヘルシー感」は2つで1つ!
女性の注目度は高いのに店頭で見かけないヘルシースナッキングは商機!
バレンタインもヘルシー志向 相手の健康を気遣ったギフト選び浸透
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース