女性が好きな野菜ランキングTOP10と食べる頻度

【公開2016年10月,最終更新2017年11月】
農林水産省によると、国内における年間の野菜消費量は減少傾向で推移しており、さらに1日あたりの野菜の摂取目標量350gに達している人が少ない現状が近年指摘されているが、一方で、サラダの年間購入金額は年々増加しているという。近年の健康ブームやサラダ人気、また、コンビニやスーパーでサラダメニューが充実してきている事などが要因と言えそうだ。

<合わせて読みたい記事>
人気果物ランキング かつて1位のみかんを抜いたのは?
機能性表示食品の市場規模から考える2018年の戦略と注目カテゴリー

健康ブームやサラダ人気は今後も続いていく事を考えると、野菜の摂取量を意識的に増やす人の数は増え、野菜消費量は回復の兆しを見せていくかもしれない。ただし、「時短で栄養バランスを整えたい」と考えるのが今の女性たちだ。手軽に美味しくバランスよく食べられるサラダへのニーズは今後さらに高まりそうだ。

様々なレシピ・味付け・食材の組み合わせ・食べ方の提案など、サラダは、幅広く横展開できる可能性がある。総合マーケティング支援のネオマーケティングが調べた野菜ランキングは、サラダメニュー考案のヒントになるかもしれない。(株式会社ネオマーケティング調べ「旬の野菜と調理に関する調査」2016)

<合わせて読みたい記事>
シニアだけじゃない、若い世代も「かわいい」と人気 ファミマガーデン
SNS映えにも健康にも◎「#フレーバーウォーター #デトックスウォーター」

女性が一番好きな野菜はトマト

  • 1位 トマト
  • 2位    じゃがいも
  • 3位 きゅうり
  • 4位 たまねぎ
  • 5位 ブロッコリー
  • 6位 レタス
  • 7位 なす
  • 8位 だいこん
  • 9位 白菜
  • 10位 にんじん

野菜を食べる頻度もトマトが1位!

<編集部おすすめ記事>
野菜を十分に摂取できているのはどの年代?
ありそうでなかった!野菜の総合サイトがオープン
野菜高騰が家計を直撃 女性たちはどんな対策・工夫をする?
PLAZAのヒット商品、野菜・果物たっぷりオイル美容液発売
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事