ベジミート ”ヘルシー” を売りに各社本格展開

健康、環境配慮、動物保護、ベジタリアン増加などの観点から世界的に需要が増しているベジミート(植物肉)。牛肉、豚肉、鶏肉に続く第4の肉として、各社本格展開を始めている。

植物肉を取り扱う企業例

伊藤忠食品

伊藤忠食品は今年1月にベジミートの試食会を開催。以下動画は、同社へのインタビュー含め、植物肉の市場概要が端的にまとめられている。ベジミートの特徴、事例、市場規模などの理解に。

日本ハム

日本ハムは3月より、植物由来の原料を使用した新シリーズ「ナチュミート」を発売。「お肉のメーカーが、お肉を使用しない商品を開発」とのことでパッケージには「お肉を使用しないハムタイプ」と記載がされている。

植物肉

出典:日本ハム

アリサン

世界から集めた、オーガニック・ベジタリアン・サスティナブルな食材の輸入・卸・販売を行うアリサン(埼玉・日高)は、3月より植物肉ブランド「ナチューリ(※)」の輸入・発売を開始。(※)ナチューリは1988年にスタートした植物をベースにした食ブランド。デンマーク、イギリス、ドイツなどヨーロッパ以外にもオーストラリア、ニュージランドのオセアニアを含め11カ国で展開中。

植物肉

国内トレンドはこれから ベジミート元年なるか

ヴィーガンやベジタリアンの人口は日本よりも欧米に多いことから、現在、ベジミートは欧米を中心に活性化。日本ではまだ大きなトレンドにはなっていない。しかし、ヘルシーかつ環境負荷の低減につながるベジミートは、近年増加している健康志向の人やSDGsを消費軸とする人に高く評価され、日本国内でも急速に関心が高まる気配。今年は「ベジミート元年」になるのではと業界関係者からの期待が集まる。

 

 

【編集部おすすめ記事】
ベジタリアン・ビーガン・低糖質…どんな食生活に取り組んでる?
ヘアケアもコスメもヴィーガンに 
栄養バランスアプリの動向 女性のニーズ別に特徴をチェック 
ダイエットシェイクに代わり飛躍、需要掴む新しい健康食
オーガニックの市場規模・意識調査・企業例・マーケティング

女性生活者の調査レポート