子どものスポーツ活動 ママの「やりがい」と「負担」

子どものスポーツ活動に熱心になるのは父親より母親の方で、多くの母親が子どものスポーツ活動関与に「やりがい」を感じていることが、「小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究公益財団法人笹川スポーツ財団」でわかった。

画像:公益財団法人笹川スポーツ財団

調査対象は小学 1~6 年生の第 1 子を持つ母親。母親と父親ではどちらが熱心に関わっているかを尋ねたところ、「母親の方が熱心に関わっている」が73.7%、「父親の方が熱心に関わっている」は26.4%だった。

次に、実際に母親自身が行っている支援について、どの程度「やりがい」や「負担感」があるのかを項目別に尋ねたところ、「クラブの練習以外の自主練習につきあう」「大会や試合に付き添う・応援をする」「弁当作り」「活動種目のルールを勉強する」など、ほぼ全ての項目で「負担」よりも「やりがい」を感じている母親が多いことがわかった。

【編集部おすすめ記事】
「疲れ切ってる働くママ でも何もしてないが多数」企業は商機!
【動画】マーケティングに役立つ「ママ」「ノンママ」の違い比較
ママはタバコ取扱店の利用避ける?タバコ販売に関する意識調査
男性よりも女性の行動者率が高いのはどんなスポーツ?
スポーツは「外派」「フィットネス派」そしてもう一つ
スポーツ観戦意向が最も高い年代は?

女性生活者の調査レポート