女性の加齢臭は30代・40代から ニオイの原因と対策商品例(1/4)

職場におけるスメルハラスメントに対する関心の高まりや、ニオイ対策関連商品が各社から次々に登場していることもあり、生活者の「自分自身や他人に対するニオイ」に対する“厳しさ”は増している。その中でも特に中年以上の女性たちが悩むのは「女性の加齢臭」。加齢臭は男性のイメージが強いが、加齢臭は年齢とともに体臭が変化するものであるため、男性だけでなく女性でもミドルエイジになれば発生する。女性の加齢臭が気になり出すのは30代40代で、女性ホルモンの分泌やストレスが関係している。女性の加齢臭にはどんな特徴があり、どのようなニオイ対策商品があるのか?

女性の加齢臭はいつから?

女性の加齢臭の原因は「ラクトン」の減少

加齢臭は、若い頃にはなかったニオイが加齢とともに出ること。ロート製薬の研究によると、男性は30代以降で2-ノネナールという物質が多くなり、これが体臭の変化=加齢臭のもとになるのに対し、女性は加齢とともに10〜20代の頃に多いラクトンという甘い香りが減っていくことが体臭の変化につながるとのこと「女性の若い頃のニオイを解明!若い頃の甘いニオイの正体はラクトンC10/ラクトンC11」2018.2.14。何歳から臭い始めるかは個人差が大きい。同社によると、ラクトンは加齢臭の元である2-ノネナールを打ち消す作用があることもわかってきているという。つまり、男性は加齢とともに嫌なニオイが増加するのに対し、女性はラクトンが減ることで甘い香りがなくなり嫌なニオイが目立つようになる。

更年期の体臭を「嫌なニオイ」と感じる人も

加齢によるラクトンの減少に合わせ、更年期の体臭を「嫌なニオイ」と感じる人もいることから、「女性の加齢臭=更年期にあたる40代後半〜50代」と考える人もいる。更年期には女性ホルモンの低下により起こるホットフラッシュで汗が臭いやすいことが関係している。

ストレスによる精神性発汗もニオイの原因。資生堂の研究によれば、緊張による心理的ストレスが原因で皮膚表面から特徴的な臭いを持つ皮膚ガスが発生するという「資生堂、緊張によるストレスで皮膚から特徴的なニオイが発生することを発見」2019.10.2

30代以降で「加齢臭」の関心高まる

ロート製薬とオールアバウトが30〜40代の女性を対象に行った「女性の体臭に関する調査」によると、加齢による体臭変化を7割の女性が自覚していることがわかった(調査対象:首都圏在住30~49歳の有職者の女性,1101人)。30代以降で甘い香りのラクトンが減少する、という研究結果を裏付ける興味深い結果だ。20代の頃と比べて気になるようになった体臭は以下の通り。

  • 1位:汗のニオイ(51.4%)
  • 2位:ワキのニオイ(40.6%)
  • 3位:デリケートゾーンのニオイ(36.4%)
  • 4位:足のニオイ(35.7%)
  • 5位:頭皮のニオイ(34.0%)
  • 6位:加齢臭(21.2%)
  • 7位:脂のニオイ(20.1%)
  • 8位:体臭で気になるものはない(20.0%)

30代・40代女性が加齢臭に気づいたタイミング

同調査で、加齢とともに体臭に変化を感じた30代40代の女性が自分の体臭に気づいた理由・タイミングを尋ねたところ、以下の結果となった。部屋や空間が何となく臭ったり、服を脱ぐタイミング、職場などで周囲から指摘されて気づくケースが多いようだ。

  • 1位:日中に汗をかいた時(52.1%)
  • 2位:洗う前の洗濯物が臭った(41.5%)
  • 3位:パジャマ、枕など寝具が臭った(33.9%)
  • 4位:コート、上着などを脱いだ時に臭った(30.0%)
  • 5位:通勤電車やエレベーターなどの密室にいる時(16.7%)
  • 6位:スポーツをした時に気づいた(16.5%)
  • 7位:洗った後の洗濯物が臭った(13.5%)
  • 8位:お酒を飲んだ時に気づいた(9.0%)
  • 9位:周囲の反応で気づいた(8.1%)

新着ニュース