老眼だけじゃない 40代でやってくる「目の曲がり角」

生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京・渋谷区)による、40代からの「目の健康」をテーマにした調査結果(対象:40~80代の男女500名)

40~80代の7割以上が、「目の健康」に自信ナシと回答し、「40歳を過ぎてから、目の不調が増えた」という人が6割だった。目の不調が増える具体的な年齢は、平均で「49.3歳」、40代は「目の曲がり角」を自覚しやすい年代と言えそうだ。目に関する悩みは、老眼だけではなく次のような悩みもあがった。

画像:トレンド総研

  • 疲れ目(65%)
  • かすみ目(55%)
  • かゆみ(20%)
  • 異物感(13%)
  • 目やにの量(12%)
  • 充血(11%)
  • 痛み(5%)

調査結果に「白目の美白」という項目は入っていないが、美の新基準として女性の関心集め始めている「白目の美白」も、今後、悩みランキングにあがってくるだろう。

<合わせて読みたい記事>
目の美容新基準 新商品・サービスの登場に期待

【編集部おすすめ記事】
10月10日は「目の愛護デー」各地でイベント開催 今後の注目度に期待
日本初の専門教育機関 介護×美容で福祉業界の新しい未来目指す
DIY女子 美容グッズも手作り 目的はポーチのスリム化
ロートのボトルデザインに女性の注目集まる「かわいい!欲しい!」
年々注目度上がるヘアドネーション 人気タレントの影響大

新着ニュース