ジタハラに悩むビジネスパーソン4割

高橋書店(東京・文京区)が行った「働き方改革」に関するアンケート調査で、ビジネスパーソンの約4割が「ジタハラ(時短ハラスメント)につながる悩みを抱えている」と回答したことが分かった(対象:全国のビジネスパーソン男女730名)

ジタハラとは、会社や上司から「残業するな」「定時に帰れ」と長時間労働改善の具体的な対応策の提案がないまま、業務を切り上げるよう強制されることをさす。同社調査によると、「働き方改革が行われている」と回答したのは53.4%で、それにより困っていることは「働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない」が最多の41.5%だった。

  • 働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない(162名)
  • 仕事が終わっていなくても、定時で帰らなければならない(100名)
  • 長時間労働を改善するための、具体的な現場の対策・体制がまだ整っていないため、スタッフ間で混乱が起きたことがある(95名)
  • 会社での残業ができないため、仕事を家に持ち帰っている(63名)
  • 働く時間が制限されることにより、仕事へのやりがいが減った(39名)
  • 残業ができないため、仕事が終わらず、顧客・取引先に迷惑をかけた経験がある(38名)

SNSには早速「なんでもかんでもハラスメント」「うちの会社があてはまる」「早く帰れと言われても仕事量は変わらない…」「上司や会社が無責任」などの意見が投稿されている。

【編集部おすすめ記事】
【テレワーク月間】導入企業続々 テレワークを導入するとどんな雰囲気になるの?
健康を維持できる1カ月の残業時間のライン
「ながらワーカー」浸透 健康経営企業向けの商品・サービス需要増に期待
働く女性 職場での不調TOP11
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート