【過労死等防止啓発月間】長時間労働などによる死亡・健康障害の予防目指す

11月は「過労死等防止啓発月間」。「過労死等」とは、業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡またはこれらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害を言う。

この月間は「過労死等防止対策推進法」に基づくもので、過労死等を防止することの重要性について国民に自覚を促し、関心と理解を深めるため、毎年11月に厚生労働省が実施。各都道府県では過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどが行われる。⇒【詳細】「11月は過労死等防止啓発月間です」(厚生労働省)

【編集部おすすめ記事】
高ストレス女性と低ストレス女性を比較して見えた「行動の違い」
【男女の違い vol.7】男性と女性、ストレス感じやすいのはどっち?
女性が最もストレス感じるのはどの年代?
国が進める「治療と仕事の両立」治療中の本人と企業の意識向上目指す
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート