全世代で増える女性単身者 年齢階級別に見る世帯主構造の割合

(最終更新:2018年9月28日)

厚生労働省が公表した「家計所得の分析に関する報告書」の中では、世帯主年齢階級別・世帯構造別の世帯数割合の推移を掲載している。そこから読み取れるのは20年前と比較して全年齢階級で女性の単身者が増加していること。特に増加しているのは多い順に20代、70代、 30代。その他に増加しているのは男性の単身者と夫婦のみの世帯。夫婦のみの世帯は40代と30代で増えている。DINKsが増加していると考えられる。一方で、全年齢階級で減少しているのが3世代世帯。この20年間で世帯構造が大きく変化していることがわかる。

各年齢階級で、増加・減少の世帯構造は異なる。年齢階級別に見てみよう(1986年/2015年比)。

【20代】女性単身者、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:女単独(+4.2)、ひとり親と未婚の子のみ(+1.3)、男単独(+0.3)
  • 減少: 夫婦と未婚の子のみ(-3.4)、夫婦のみ(-1.3)、3世代(-0.7)

【30代】男性・女性単身者、夫婦のみ、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:男単独(+6.1)、夫婦のみ(+5.0)、女単独(+3.6)、ひとり親と未婚の子のみ(+0.8)
  • 減少:3世代世帯(-8.4)、夫婦と未婚の子のみ(-7.2)

【40代】男性単身者、夫婦のみ、ひとり親、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:男単独(+6.0)、夫婦のみ(+5.5)、ひとり親と未婚の子(+3.1)、女単独(+2.6)
  • 減少:3世代世帯(-11.0)、夫婦と未婚の子(-6.6)

【50代】男性単身者、ひとり親、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:男単独(+8.4)、ひとり親と未婚の子(+3.9)、女単独(+1.3)、夫婦のみ(+0.4)、
  • 減少:3世代(-8.7)、夫婦と未婚の子のみ(-5.5)、

【60代】男性単身者、夫婦と未婚の子、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:男単独(+7.8)、夫婦と未婚の子のみ(+3.6)、夫婦のみ(+2.1)、女単独(+1.3)、ひとり親と未婚の子のみ(+1.4)
  • 減少:3世代(-13.6)

【70代以上】男性・女性単身者、夫婦のみ、夫婦と未婚の子、増加

画像:厚生労働省「年齢階級別に見る世帯主構造の割合の年次推移」

  • 増加:男単独(+4.1)、夫婦のみ(+4.1)、女単独(+3.9)、夫婦と未婚の子(+3)、ひとり親と未婚の子(+2)
  • 減少:3世代(-16.0)

 

【編集部おすすめ記事】
変化する日本の世帯事情 急速に減少する世帯主29歳以下は何%?
日本の家族形態TOP5 ~夫婦・子供世帯数は減少へ 国勢調査~
人口1億人割るのは何年後?あらためて確認しておきたい日本の総人口と人口構造の推移
日本人口、調査以来初の減少で深刻化
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事