「人生100年時代」を迎える生活者の心境と企業の動向を探る まとめ記事12選

2017年に「人生100年時代」を迎え、2018年はテレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのメディアのみならず、各企業も「人生100年時代」に備えた商品・サービスやプロモーションを展開する動きが活発化している。昔であれば100歳まで長生きすればめでたいと称えられたものだが、100歳以上の国内人口が増加傾向を見せ約7万人(男性:8,331人、女性:61,454人)となった今、そう珍しい印象がなくなり、逆に「自分は100歳まで生きるのかもしれない」といった不安要素になっている。特に長生きする女性の方がその不安は大きい。

人生100年時代に突入する日本でこれから確実に求められるのは、100歳まで生き抜けるだけの力(経済力・健康力・生活力・コミュニケーション能力)と環境(家族や社会によるサポート)だ。「人生100年時代」をキーワードに、生活者の心の内や企業動向をチェック!

 

一緒に読まれている記事