新型コロナに伴う、食の需要変化

日本国内も経済活動が再開しつつあるが、完全終息の目途は全くたたない。そんな中、生活者の生活行動や価値観、ニーズは短期間のうちに確実に変化しており、多くの専門家やシンクタンク、経済ニュースは「(あらゆることが)コロナ前の状態に戻ることは、もうない」と指摘する。

“withコロナ時代”では、これまでのマーケティングの常識や定説をいったんゼロベースにして女性生活者の“新たな日常”をいち早くとらえることが鍵となる。例えば、食生活に関してもこれまでとは異なる行動が見られる。レシピ動画サービス「クラシル」を運営するdely(東京・品川)が、クラシルのユーザーの行動分析をもとに食の需要変化を調査したところ以下のことが分かったという。

1.朝食レシピのニーズが上昇

朝食レシピは通常は日曜日に検索が伸びるが、テレワークや休校で朝の時間に余裕ができたことや健康ニーズにより、平日の検索が上昇。「朝食」全体の検索数が1.5倍、特に安価でアレンジのしやすい「食パン」検索数は1.6倍に。

レシピニーズ

出典:dely

2.「お昼ご飯」「子ども」のレシピニーズが急上昇

「お昼ご飯」の検索数は2.8倍、「子供」の検索数は1.5倍に上昇。

コロナによる食需要変化

出典:dely

3.外食自粛で「夜ご飯」の検索数は4倍に

「夜ご飯」の検索数が大幅に伸び平時の4倍に。 他にも「時短」や「作り置き」の検索数も上昇。

コロナによる食需要変化-3

出典:dely

4.家飲み需要も拡大 ​「おつまみ」検索数が前年比 約1.7倍に

「おつまみ」の検索数が昨年比およそ1.7倍に上昇。また、昨年の同月は「おつまみ」をキーワード単体で調べるユーザーが8割で、複合検索(複数のキーワードで検索をすること)は2割以下だったが、今年3月は「おつまみ」をキーワード単体で調べる人は6割程度にとどまり、4割近くのユーザーが「アボカド  おつまみ」「油揚げ  おつまみ」「クリームチーズ  おつまみ」などの複合的な検索をするようになったという。

検索が細分化していることから、飲食店のような「より凝ったおつまみを作りたい」「いろいろな種類のおつまみを作りたい」という、「家飲みレシピ」の需要が高まっているようだ。

新型コロナによる食需要変化-4

出典:dely

当社ウーマンズが実施した調査「“withコロナ時代” の女性の日常 家ナカの行動・ニーズ・価値観はどう変化した?」でも、女性たちの食に対する明らかな変化を確認できた。例えば、これまでは忙しさから手作り料理を意識してこなかった女性がコロナを機に健康を見直し、ヘルシーな手作り料理を始めたり、あるいはその真逆の行動をとる女性もいて、食行動一つとっても多様な変化があることがわかった。引き続き、ウーマンズでも女性の食行動の変化に着目していきたい。

 

 

【編集部おすすめ記事】
中食市場規模10兆円突入の背景と、2020中食トレンド予測
低所得女性の不健康行動が明らかに 国民健康・栄養調査
女性の巣ごもり生活を癒すグッズたち
コロナ自粛で美意識高い女性の利用増加 現場からは怒り・不安
コロナで 消えた需要 ・生まれた需要

女性生活者の調査レポート