ヘルスケア業界、11個の課題(1/4)

対策が今なお十分とは言えない、ヘルスケア業界の11個の課題とは?女性の健康を守るために、そして激変する日本社会とヘルスケア産業の健全な発展のため、業界全体で取り組みたい課題をピックアップ。女性生活者の隠れたニーズや不満、そしてマーケティングのヒントが見えてくるはず。(最終更新:2019年6月 ヘルスケア課題は随時追加します。「こんな現状もヘルスケア課題として、業界で共有すべきではないか?」といった情報提供をお待ちしております。こちらから。)

【課題1】企業の商品・サービス・情報が原因 早急の代案が必要

企業が販売する商品・サービス、情報が原因となって、生活者の健康が損なわれるケースは少なくありません。

【課題2】貧困層の健康をどう守る?非正規雇用シングル女性、単身高齢女性、シングルマザーが顕著

収益を考えるなら当然、ヘルスケア企業がターゲットとするのは貧困層ではなく中間層・富裕層です。これまで女性マーケティング支援事業や講演を通し多くの企業様に「単身貧困層と単身富裕層は、まだまだ競合が少ない空白の市場だが、どちらを狙う?」と尋ねてみましたが、ほぼ全社が「後者」と答えます(1社のみ「貧困層を狙いたい」と回答)。となると取り残されていくのは「貧困層の健康」。貧困と罹患率、貧困と健康行動には相関関係があることはさまざまなデータが示しており、広く知られている事実です(富裕層ほど健康行動に時間やお金をかけるが、貧困層は時間やお金をかけない・かけられない傾向にある)。

今後さらに二極化が進む社会で貧困層の健康問題はより顕著になっていくと考えられ、特に「非正規雇用のシングル女性「単身の高齢女性」「シングルマザー」において貧困問題が浮き彫りになっています。「薬を買うお金がないから通院を途中でやめた」「健康に良くないと分かっているが野菜や果物は高いので、ご飯やカップラーメンなど炭水化物中心の食事でしのいでる」といった彼女たちの健康を、収益とのバランスを考えながらどのように企業がサポートできるのか?難しい課題です。

【課題3】働く女性の健康課題は山積み

働く女性が増加したことで新たにスポットが当てられるようになったのが「働く女性の健康」。専業主婦が当たり前だった時代には浮彫にならなかったこの問題。現在は、「働く女性の健康問題はどんどん増えているが、具体的な対策が分からない、追いつかない、働く女性の健康ニーズが分からない」といった状況です。

2019年1月に弊社が担当させて頂いた展示会講演(ヘルスケアIT/東京ビッグサイト開催)では、「女性の健康経営×ICT ライフステージ&年齢で変化する、職場のヘルスケアニーズと対応策」についてお話させて頂き、その後たくさんのご意見を頂きました。特に多かったのは「働く女性たちが、そのようなニーズや不満を持っていたとは知らなかった」。

 

まずは、働く女性の現状や働く女性を取り巻く環境などについて正確に把握することが課題解決の第一歩なのかもしれません。

新着ニュース